思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 17日

あなたたちはこの夏休みだけ体験学習すればいいのかもしれないけど、障害者にとって車椅子に乗ることは日常なんだから——北島行徳『バケツ』

 北島行徳『バケツ』文藝春秋(文春文庫)、2008年。6(1073)

 単行本は2005年に文藝春秋

c0131823_18042916.jpg

 養護施設で働きはじめた神島と、そこで神島が出会った通称「バケツ」という知的障害のある少年との日々……とはいえ、神島はその施設を辞め、日焼けサロンや保育園の経営に手を出すなど模索の日々が続く。「障害」とは何か、「教育」とは何か、そして「共生」とは何か。

 教育は見返りを求めるものではないし、そもそも求められない、とこれまで捉えてきたが、捉え方によっては見返りを求める教育というものもありうるかもしれない。それは「見返り」をどういうものとして規定するかにもよる。見返り=教育目標の達成=結果? 教育目標の内実を教育を受ける側ではなく教育する側に置けば、その達成=結果は「見返り」と呼びうるのかもしれない。

37-8)「障害者の苦労がよくわかりました? 所詮は町中だけのことじゃない。手を差し伸べられなかった自分が恥ずかしい? 自意識過剰なのよ。車椅子に乗っていても心は美しい? 車椅子に乗っていることと人格は関係ないでしょ〔略〕あなたたちはこの夏休みだけ体験学習すればいいのかもしれないけど、障害者にとって車椅子に乗ることは日常なんだから。この場だけ善人なればいいなんて考えは反吐が出るわ」〔略〕
「そんな言い方はないんじゃありませんか? 私たちはいい人ぶろうと思って参加したわけではないし、今回のことをきっかけにして、いろいろと学べればそれでいいじゃないですか」
 真面目そうな女子大生が食ってかかってきたが、黒田は平然とした顔で言い返す。
障害者は学習素材じゃないのよ。障害者のことに興味がある? 障害者と接してみたい? それなら一生、障害者と関わるぐらいの覚悟を持ってきなさいよ!

47-8)「注意をしたのなら、こうしてまた盗みをしていることに腹が立たないんですか? 神島先生は裏切られたんですよ。バケツが憎くないんですか?
別に憎くなんかありませんよ
 子供が親に反論するように、ぶっきらぼうに呟いた。
憎くないのはバケツのことを本気で考えてないからです!〔略〕私は許せない。いくら時間をかけても、この子は全然変わらない。どれだけ気持ちを込めても、この子からは何にも返ってこない。殴られたって当然なんです

160-1)「これだけ子供を預けたい人がいるのに、どうして公立保育園の数が足りないんだろう
 独り言のように疑問がつい口からこぼれた。それを聞いた須藤が「簡単な理由ですよ」と言った。
「東京の場合ですけど、十数年前だったかな……これからは少子化の時代だからと、保育園を作るのをやめてしまったんです。要するに予算をカットしたわけですね」
「あれ? 実際に少子化は進んでいるわけだから、公立保育園の数は足りるはずなのに……
 神島が首を捻っていると、須藤はくすくすと笑いながら缶コーヒーを一口啜った。
少子化に関しては行政の読み通りだったんだけど、これだけ離婚率が高くなったり、不景気が長く続いて共働きが増えるところまでは予想してなかったんでしょうね。だから、子供の数は減っているのに、保育園の数が足りないということになったんです

173)「いくら子供が可愛いと言っても、毎日ずっと一緒にいるのは息が詰まるものでね。娘がイライラして剛を怒鳴ったりしているのを見ると、保育園に預けている方がいい親子関係でいられると思うんですよ
 剛の頭を撫でながら祖母は言った。ストレスを溜め込んだ母親の児童虐待が増えているのを考えると、祖母の言っていることにも一理あるような気がした。遊びたいからという理由で子供を保育園に預けるのは確かに親の身勝手だ。しかし、親子の距離を少しとることで子供が救われるケースもあるのかもしれない

183-4)「まあ確かに……子供は自分一人の力じゃ幸せになれないもんな
 そう呟きながら、ふと思った。
 誰かに幸せにしてもらわなければならないのは、果たして子供だけのことなのだろうか。実際、自分自身もバケツの存在を心の支えとしているではないか。きっと大人も一人では幸せにはなれないのだ。誰かに幸せにしてもらいたいし、誰かを幸せにしてやりたい。人は誰でも他人の存在がなければ幸せを実感できないのだろう。

226)「君も、この年になればわかる。人間っていうのは何歳になっても性格の根っこは変わらん。だから、自分の駄目なところを直そうとしたり、改めようとするなんて意味のないことなんだ〔略〕せいぜいできるとしたら、駄目なところを隠して生きることぐらいだ

250)「僕は気が弱いだけの男ですから」
「そんなことないですよ。気が弱い人って、自分の考えを相手に押し付けたり、物事を一方的に決め付けたりしないでしょ。それって大切なことです

264)「家にずっと一人でいると、何が一番怖いかわかるか?
 花沢は前を向いたまま質問してきた。とりあえず「病気」と答えると、孫の手が上がって「違う」と横に振られた。
人の悪意がはっきりと伝わってくることだ

301)優しさというのは人間が誰でも持っている資質なのではないかと私は常々考えている。大切なのはそれを行動に移すかどうかで、それが実行としてこの世に産み落とされたときに、はじめて“優しさ”となるのではないか。そしてその本来的に持っている人間の資質を引っ張り出すのには、それを求めるもう一人の人間が必要なのだ。いくら優しい気持ちに溢れている人がいたとしても、その実行を心待ちにしてそれを巧妙に引っ張り出す人間がいなければ、それはいつまでも海底に沈んでいるだけになってしまいかねない。 ※大崎善生「解説——優しさの力」

304)たとえば暴力というものが殴られたり蹴られたりして痛みをともなう力なのだとしたら、それと同じように優しさにも力があることをこの作品集を教えてくれる。それは人間と人間が絡み合い擦れ合うときにしか発露されないものなのかもしれない。 ※大崎善生「解説——優しさの力」

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-11-17 18:17 | 人+本=体 | Comments(0)
2017年 11月 15日

S台で「キル・ビル」

 先週末は某学会大会のシンポジウムへ出席するためにS台へ。土曜に移動、日曜に本番。シンポジウムに登壇するのははじめてだ。

 当初は当日入りする予定であったが、結局前泊。シンポジウムは13時開始、事前打ち合わせがお昼休みに入るかもしれないから12時には会場に到着するようにしようと調べたら7時の特急に乗れば間に合うことがわかって、それで行こうと思っていた。ただし、電車が少し遅れて乗り継ぎできないと遅刻する。当日が近づくにつれて遅刻の不安が大きくなり、直前の金曜にS台駅の近くでホテルを探して予約した。

 S台に到着してすぐに、S台駅はパ○ソニック駅か西島○俊駅に名称が変更されたのかと思った。

c0131823_19333711.jpg

 出張先で余裕があれば古本屋を訪れるのが好きだ。今回はそれほど余裕がないからひとまずBからはじまってFで終わるところを調べたら駅の近くにあった。到着後に余裕があったら行こうと思った。学生へのお土産を買ってもいいかなという優しい気持ちも持ち合わせていたので、一応補助としてトートバッグも持っていった。

c0131823_19343909.jpg

 駅に着いてホテルまでの道のりを調べていたら、そのBからはじまって途中Oを通る古本屋がホテルの隣のビルに入っていることがわかった。行かざるをえない、と言わざるをえない。

 T北大学があるからか、学術書が豊富で、かごを持たずに棚を周りはじめたらすぐに持てなくなった。「世界の名著」シリーズを3冊。1冊200円。ベルクソン、バークとマルサス、あと1冊は忘れてしまった。デューイでないことはたしかだ。なぜならデューイはあきらめたからだ。箱から本を抜き出したら小さな虫の死骸が複数見受けられたからだ。

 その土地ならではの本があれば買うようにもしていて、今回はK北新報社についてのものを——震災のことに意図的に触れようという気持ちは正直高まらないが——かごに入れた。

 結局単行本6冊、新書1冊を購入した。文庫を中心に、とも思ったものの、ほとんどまったく引きがなく、大きなものばかりになってしまった。「世界の名著」がとりわけ厚くて重い。

 その後にホテルへ戻って本を置き、近くの「R久」へ。ホテルからもらった一品(小鉢)無料チケットが使えたので、そして一時期S台にいた弟からも推薦されたのでこのお店にした。お酒は飲まなかった(もう2週間くらい飲んでいない)が、ホテルへの帰路にノンアルコールビールを買った。風呂上がりに飲んだ。

c0131823_19350623.jpg

 T北大学へは割と最近できた地下鉄で向かった。2008年に別の学会大会で来たときはこの地下鉄はなく、雨のなかバスで、坂を上って向かった記憶がある。今回は青葉通○番町駅から乗車した。ホテルがS台駅と青葉通○番町駅のあいだくらいにあり、青葉通○番町駅のほうが近かったからだ。S台駅だと戻るかっこうにもなってしまう。

c0131823_19363869.jpg

 キャンパス名を冠したK内駅で下車するようにとプログラムに案内があった。車両は4、5両くらいの短い印象(本当はもっと多くて長いかもしれない)。ただ、ホームと車両のあいだにほとんど隙間がなく、段差もなく、すばらしいと思った。ホームにも柵が設けられていた。

c0131823_19354097.jpg

 シンポジウム当日の打ち合わせでは、以前からお名前だけは存じ上げていた、そしてメールではやりとりさせていただいていた先生方にお目にかかることができた。「名刺かっこいいですね」と、名刺交換するたびに言われて恐縮した。100枚で大体500円です、ウェブ上で自分で作成して印刷して送ってもらうサービスです、とお答えした。ある先生からは「ハシモトさんは見た目いかついのに、振る舞いは控えめで、発表内容はアグレッシブで「キル・ビル」みたいだね」と言われたが、「キル・ビル」を観たことがないのでよくわからない。反応も希薄であったかもしれない。「アグレッシブ」かどうかもわからないが、これまでの自分の研究を紹介するだけではまず自分がつまらないと感じるし、何か新しいことを、何か論点を、と思って取り組んだ内容ではあった。

 話は当然ながら発表内容に及ぶわけで、その話をしながら研究上のつながりはやはりおもしろいと感じた。今日これが終わってしまうのは残念だとも、このときにすでに感じた。

 聴衆は50、60人ほどであったかもしれない。階段教室というかちょっとしたホールで、真ん中から後ろにかけての席は埋まっていたという印象だ。

 会員ではない学会であり、参加するのもはじめての学会であり、この学会の雰囲気や作法といったものがまったくわからなかった。発表のはじめにジョークを入れようかと準備していたが、話す順番になって前に立ってみると“ここはそうではない”というメッセージを受け取ってしまったので取りやめた。

 登壇者3名の発表後、休憩を挟み、その時間にフロアから紙で質問が募集された。質問は登壇者に満遍なくあった。再開してまずはそれらに応答し、その後に質問がオープンに募集された。わたしに対するやや攻撃的な質問があり、正直に言って趣旨とはややずれたものだと感じたが、何とか応答を試みた。

 シンポジウム後に参加者の方何人かとお話ができた。わたしにやや攻撃的な質問を投じた方はすぐに帰られてしまい、お話ができなかった。企画者の先生とも改めて言葉を交わした。この学会に入るかどうかは別にして、こういうやりとりは続けていきたいと改めて思った。

c0131823_19382497.jpg

 今回、会員でもない学会からお声がかかったのは、大会校の先生方がこの本(  )を読んでくださって、わたしの章にご関心を持ってくださったからだ。研究で生まれるつながりはとても嬉しい。

 結局、学生へのお土産は買えなかった。古本を入れたトートバッグにはわずかな隙間しか残されなかった。

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-11-15 19:59 | 日日 | Comments(0)
2017年 11月 13日

「そんな種類の違うもんを足したらあかん」 「さっき、どんなもんでも抽象的にしたのが数や言うたやないか」——筒井康隆『エロチック街道』

 筒井康隆『エロチック街道』新潮社(新潮文庫)、1984年。5(1072)

 単行本は1981年に新潮社

c0131823_17183426.jpg

「かくれんぼをした夜」がやや異質で、それもよかった。

53-4)「あなたは『驀舎の衝』ということを知っていますか」
「存じませんが」
「昔、中国に驀舎という人がいました。この人がある時、宮中で、国一番の武将とぶつかりました。驀舎は詫びましたが、この武将はかまわず驀舎を斬り殺してしまったのです。驀舎は死んでから『自分があべこべに彼を怒鳴りつければ、彼はわたしを殺さなかっただろうに』と悔やんだそうです」
それでおしまいですか
うん
あの、それはさっきわたしが言ったこととはあまり関係が
無関係という関係があります」 ※「インタヴューイ」

129)公明党とかけて創価学会と解く。心は、別別なのだそうだ。
 獄門にかけて怒りをとく。心は要するに復讐だけだったのだ。
 筒井康隆とかけて光源氏と解く。その心は、筒井康隆はSF作家で、光源氏は昔の人である。
 鍵をかけて警戒を解く。その心に油断がある。 ※「また何かそして別の聴くもの」

135)「このガラスのコップは一個やけど、割ったら仰山になるぞ
こら待て。それ割ったらいかん。だいたいやね君、それ割ったらもうガラスの破片であって、コップと違うやないか
そんなら林檎を仰山に割ったら、あれもう林檎と違うんか。あれ食われへんのか」 ※「一について」

137)「そんならやな、林檎一個食うてコップ割って電話かけて昼寝して、大学一番で卒業したら1+1+1+1+1=5か。その五はいったい何をあらわしとるんや
「そんなもん、何もあらわしてないがな。あほか」
「その『あほか』というたそのことばを一としょうか」
「えっ」
「その『えっ』ちうのも一とする。このコップとこの家と、今朝の新聞に出てたあのイランの戦争を一としようか。『あほか』足す『えっ』足す一コップ足す一家足す一戦争で、1+1+1+1+1=5か」
いやいや。そんな種類の違うもんを足したらあかん
さっき、どんなもんでも抽象的にしたのが数や言うたやないか」 ※「一について」

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-11-13 17:23 | 人+本=体 | Comments(0)