思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 18日

「プロフェッショナル」とは――中澤佑二

 昨夜はNHK「プロフェッショナル」を観ながら夜ごはんを食べ、「爆問学問」を観ながら――すこし落ち着きたかったので――牛革のキー・ケースと鞄にメンテナンス用のクリームを塗ったりした。

 「プロフェッショナル」ではプロ・サッカー選手の中澤佑二が取り上げられていた。

 中澤選手のことはこれまでよく知らなかったけれど、番組を観て単純に「すごいな」と思った。「負けられないな。俺も練習しよう」とも思った。

 分野がまったく異なるわけだから、負けられないも何もあったものではないとは思うのだが、「よし」という気持ちになった。

 「プロフェッショナル」とは、という問いに対して中澤選手は3つ答えていたのだが、そのうち2つが印象に残った。

 ・ 見てくれている人を幸せにする人
 ・ 見てくれている人に夢を与える人、「こういうふうになりたい」と思ってもらえるようになる人

 後者に関しては、わたしの受け取り方がだいぶ入っているかもしれない。だから中澤選手の意図とはずれているかもしれない。でも、そういうことなら「プロフェッショナル」の意味がよくわかる、と思った。

 これまで「人を幸せにする」とか「人に夢を与える」とか、そういうことを言う人はいた。けれど、わたしにはその意味がよくわからなかった。どういうことだ、と思っていた。何か意味はあるはずだが、いまのわたしにはそれが実感を伴ってわかることはできない、と思っていた。でも、中澤選手の言葉を聞いてちょっとわかった気がした。そして、そういうプロフェッショナルになりたい、と思った。

 
 中澤佑二オフィシャル・ウェブサイト


@研究室
[PR]

by no828 | 2009-03-18 11:02 | 日日 | Comments(0)


<< 国家と個人――北朝鮮が米国から...      ご依頼主 キリンビール(株) 様 >>