思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 03日

早々と登場した6月を追いかける

 共著第2弾(→ 版元)が4月末に刊行されました。5月初旬にはその献本作業など。出版社に依頼して直送していただいたものも含めると、わたしの名前での/を含めた献本数は約30冊となりました。
c0131823_21341661.jpg

 5月中旬、上記共著を発行してくださった出版社の方にご挨拶に伺ったあと、T京G芸大学で研究会。別の企てがはじまります。散歩できる広さがあるキャンパスはやはりよいものです。
c0131823_213411.jpg

 単著を出すまでは編著はやらない、という格律を自分のなかに何となく掲げていましたが、単著を待つことなく共編著が進行中です。今年度後期がはじまる前に刊行へとこぎ着けたいところですが、見通しがやや甘いかもしれないと感じてもいます。
c0131823_21343195.jpg

 そうこうしているうちに6月突入。毎年6月がもっとも余裕のない1ヵ月ですが、今年は例年以上に隙間のない月です。ここ10年ほど毎年参加・発表してきた某学会大会には校務——某更新講習の講師——のために行けず、そのために昨年からメンバーに入れていただいていたラウンドテーブルにも加われません。大変残念です。その代わりというわけではありませんが、別の学会大会に参加し、少し発表することになりました。学内では、某授業評価の再設計や某教育実習の巡回指導など、学内の委員会の仕事がどんどんと押し寄せてきています。
c0131823_21344214.jpg

 振り回されずに自律的に研究・教育を行なう、そのためにどうするか、ということを考えながら進めていきたいです。

@研究室
[PR]

by no828 | 2016-06-03 21:52 | 日日 | Comments(2)
Commented by 学習 at 2016-07-21 22:51 x
 振り回されずに自律的に研究・教育を行なう。
おっしゃったとおりに、大切なことですね。
Commented by no828 at 2016-07-30 13:54
> 学習さま

 ありがとうございます。一層精進します。


<< 交通情報という、人の不幸を扱っ...      四十歳を過ぎた私の人生の中で、... >>