思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 04日

交通情報という、人の不幸を扱っているのに——室井昌也『交通情報の女たち』

c0131823_15504167.jpg室井昌也『交通情報の女たち』論創社、2014年。1(998)


 版元


 2016年の1冊目。ブログ開設後通算998冊目。

 主題設定と言いますか、着眼点がおもしろいとまずは思いました。本書は主に、交通情報を担う方へのインタビューから構成されています。お声はよく聞く方々ばかりでした。

 ラジオは——Tくばにいた頃はJ波やT○Sなどを——よく聞いていて、交通情報もよく耳にしていたので、気になって購入しました。K府に引っ越す際に、CDとMDとカセットテープとラジオの詰まった機種を廃棄しました。K府では、radik○が——プレミアムに入らないことには——まったく使えないことが判明し、p○dcastに頼っています。p○dcastでは音楽はもちろん交通情報も流れません。というわけで、先日USBメモリとSDカードによる録音機能付きのCD+ワイドFM対応ラジオを発注しました。K東のAM・FMの電波をどの程度受信できるのかわかりませんが、入ったらJ波やT○Sを流したいところです。「菊地成孔の粋な夜電波」——この番組では「交通情報の女たち」を招いたことがあります——などp○dcast配信されていない番組は録音したいです。

 と、読み終わってすぐの頃に書いていました。K東の電波はまったくと言ってよいほど入りません。盆地だからでしょうか。U野原やO月のほうは入るのかもしれません。残念。

 radik○プレミアムに加入するかどうか……。


阿南〔京子〕 やっぱり、基本を守ってその上で人の心に届くような方法ということです。その基本をやっているうちに、それがどこかで自分の個性に化けるときが来るのではないかということです。〔略〕〔/〕自分が毎回毎回向き合っていれば、できてくるものだと思うのです。基本をちゃんとやっていれば。でも、途中で変な癖が出たり、余計なことを思ったりすると駄目かも分からないですけど。(71)

阿南 交通情報という、人の不幸を扱っているのに「ほっとする」と言ってくださるのは、いいのか悪いのか、よく分からないのですけど。
——「交通情報は不幸を扱っている」というのは、最初から持たれた意識ですか。
阿南 そうですね。やっぱり事故、故障車、火災に、事件に、地震に、そういうものですから。だから、あまり人が喜ぶものではないです。最初からニュースだと思っていました。ニュースというか、報道だと思っていました。だから、私の場合は、ニュース性があって、そして、時にはお祭りや花火のような生活情報的なものも中に入れて、自分が行きたいところの情報だけではなくて、今、主体がどうなっているのかという俯瞰的な情報も入れなきゃと思っているのです。
(73)


@研究室
[PR]

by no828 | 2016-06-04 16:00 | 人+本=体 | Comments(0)


<< 過去は美化されやすい。現在が悪...      早々と登場した6月を追いかける >>