思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 01日

75分の両側

 11月下旬、T波大学で非常勤講師として講義を1コマ行なってきました。S合科目のひとつです。はじめて講じる内容であったのと、1コマ75分であるのとで、少々不安もありましたが、結果的にすべて収まりました。受ける側なら90分も75分も大差ありませんが、話す側では加減(というか減)が必要です。ちなみに、この科目はオムニバスのため、わたしの出番は年度内1回です。

 距離と移動時間に鑑み、K日の——旧T情の——ゲストハウスに前泊しました。2,600円也。D学会館は予約でいっぱいで取れませんでした。買物やら当日の出勤やらを踏まえると、本当はD学会館がよいです。

 Tくばには20時前の到着となってしまい、いろいろ見て回る余裕がありませんでした。当初の予定では、夕方に着いて荷物を置いて、懐かしさに駆られて少し歩き回ってみようと思っていました。

 以下の写真はすべて、講義当日のものです。講義を終えて、K野先生とTAのO山さんと昼食を摂って、S田さん改めK地さんと直接やりとりをして、K口さんと電話でやりとりをして、D棟に寄って、研究室にちょうどいらっしゃったO本先生に某映像ご出演のお礼を申し上げて、駅へ向かって、という途上のものです。

c0131823_20562143.jpg
c0131823_20585161.jpg
c0131823_20591341.jpg
c0131823_20593919.jpg
 O本先生へのご挨拶は、研究指導の合間の時間に滑り込ませてもらったかたちです。当日の時間が読めなかったので、いらっしゃらなければ、あるいはお取込み中なら、研究室のドアノブにお土産を引っ掛けて、メッセージを添えて、と考えていました。

 わたしたちがお話をしているときに次の院生の方が入ってこられました。「あ、S玄餅」と発した彼はY梨県の出身で、しかも高校はK府西、中学もK府西という、いずれもわたしの勤務先の近くで、というか、中学に至っては塀ひとつ隔てて隣同士という接近具合でした。

 講義についてはいつまで存続するのかわかりませんが、お役に立てるようなら次年度以降もお引き受けしたいと思っています。今度は少し余裕を持って行って、いわば第2の故郷を(レンタサイクルかレンターカーで)散策したいです。D学会館の早期予約もがんばります。

@研究室

[PR]

by no828 | 2016-12-01 21:20 | 日日 | Comments(0)


<< 「福祉の外に置かれた彼に対して...      わかるより、わからない方がまし... >>