思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 02日

ドアがちゃんと開いていて「ここに一列に並んでください」って看板があるところに並ぶだけが、就活じゃない——スプツニ子!『はみだす力』

 スプツニ子!『はみだす力』宝島社、2013年。67(1065)


 
 学校を含め“あたりまえ”に居心地の悪さを感じるすべての人(とくに若者)へ。自分から動かないと何も変わらない、ということを強く意識させられる本です。そして、意識しただけではダメだよ、動けよ、とも本書からは言われるでしょう。

25) 「正しいこと」を先生から教えてもらう日本の学校と、「何が正しいか」を考えるアメリカンスクール

26) あんまり私がいじめられるので、ある日、先生はホームルームでこう言った。
彼女をいじめるのはやめましょう。彼女は日本人なんですから!
 それを聞いた七歳の私は、耳をうたがった。日本人だからいじめちゃいけないってことは、私がもし外国人だったら、いじめていいってことなのか!?

41)自分が今やっていることが本当の充実か、それを続けることで将来自分が後悔することにならないかをちゃんと考えて、毎日を過ごしたほうがいいんじゃないかと思う。〔略〕たとえまわりに「変なやつ!」と思われても、自分なりの楽しみ方を見つければ、どんな環境もそれなりにサバイバルできたりするのだ! ※強調省略

47) 「私、なんでこんなに学校とうまくいかないんだろう……。遅刻しちゃうし、宿題もできないし、怒られてばっかりだし、苦しい」
 悩む私に、ユリはさらっとこう言った。
でも、学校だけが世界じゃないよね
 驚いた。
 あたりまえのことなのに、私はそれに気づいていなかった。 ※強調省略

59-60) 「私たちが今勉強しているのは、大人になった時に、新しいことを発見できるようになる準備だと思います
 これは両親の教えだった。父や母は、こう言っていた。
人類には、みんなで作り上げる学問という山がある。一人の力では、いくら新しいことを見つけても、山の高さには積み上がらない。これまでの歴史で新しいことを見つけてくれた人たちがいるから、その山はあるんだよ
 新しいことを見つけて、人類みんなで作る学問の山がもっと高くなるように、少しでも貢献することが父や母の望みであり、存在する意義だと教えてくれたのだ。

68-9) 特にバイオテクノロジーは生殖や生命にかかわる分野なのに、そもそもサイエンスにたずさわる女性が少ないことに危機感を抱いていた。
 治らない病気が治るようになっている時代に、女性が生理なんて野蛮なものにまだ悩まされているのも、理系女性が足りないせいかもしれない。一カ月に一回、おなかが痛くて血が出ることに、耐えるしかないなんて!〔略〕
 サイエンスにかかわる分野に女性が少ないと、女性の問題がうまく解決されないこともあるんじゃないかと考えるようになった。

71) 大学一年が終わる夏休み、私もやってみることにした。その時に思ったのが、インターンやアルバイトスタッフを募集していない会社にこそ応募しようということ。
 向こうのニーズがあるところより、何もないところに自分から声をかけたほうが、チャンスはあるんじゃないか。募集しているとライバルがいるけれど、募集がなければ競争相手はゼロ。会社側にとっても思いがけないアプローチだから、「あれ? この子いいじゃん、とってみようか!」とおもしろがってくれるかも、と考えたのだ。
 最近いろんな大学生に就活の相談をされるけど、この話をすると「え、募集してないのに応募するんですか!」とびっくりされる。私はその反応に、逆にびっくりしてしまう!(笑)
 ドアがちゃんと開いていて「ここに一列に並んでください」って看板があるところに並ぶだけが、就活じゃないと思う。気になる仕事や会社があれば、募集してなくても書類を送り、自分からドアをノックしたっていんじゃないだろうか?〔略〕自分が本当に興味があり、きっとその会社の役に立てると思うなら、遠慮することはない。断られたら別のドアをまたノックするだけ。失うものは何もない。 ※強調省略

92) 「観測されないものは存在しないも同じ」という、量子力学の3値論理の考え方がある。この論理は、仕事とか恋愛とか、結構いろんな場面で応用できると思う。

112-3) やがて私はDVDに収録した作品を、YouTubeに投稿しはじめた。
無料でウェブにあげたりしたら、よけいに売れなくなるよ!」とまわりの人たちに反対されたけど、私の考えは逆だった。
どうせ売れないなら、無料だって人に見られたほうがいい!
 だって観察されないものは、存在しないも同じだから。

@研究室

[PR]

by no828 | 2017-08-02 17:16 | 人+本=体 | Comments(0)


<< 祈りは、自分以外の誰かのためで...      日時が経つにしたがって、自分と... >>