思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

12月に呼びかけられる22時

今日も雲が空を覆った。

気分までもが雲に覆われたかのような感覚に陥りながら、14時頃までアルチュセールの読書会用レジュメを作る。前回に引き続きわたしが発表者である。

読書会は18時30分から21時30分まで。つまり、さっきまで。
アルチュセールの「イデオロギー」の一般理論について理解が深まった。

人間の生とは、主体化=社会的承認の過程なのだ。
<わたし>がいくら拒もうと、<わたし>は主体化させられる。

<わたし>の主体化は、<わたし>が呼びかけられたときに起こる。
呼びかけられた<わたし>は、関係(権力関係)のなかに埋め込まれる。関係性が規定される。

しかし、<わたし>は「呼びかけ」を聴かなかったことにすることはできない。
「それ」を「呼びかけ」であると判断できた時点で、<わたし>は主体として立ち上がってしまうのだ。

というようなことを整理する。


「教育」とは、まさに他者に呼びかける=他者を主体化する作用である。
つまり、イデオロギーである。

その「教育」を基底(哲学的基礎)からどのように構築していくか、研究者が思考せねばならないところである。

ということを確認する。

バトラー、ジジェクなど、勉強せねばならないことがたくさんあることも確認する。


さて、明日から12月である。毎年のことながら、来るのが早い。

新たな年を気持ちよく迎えられるように、ひとつひとつのことを確認しながら前に進む月にしよう。

忘れるべきことは忘れ、忘れるべきでないことは忘れないように。
[PR]

by no828 | 2007-11-30 22:18 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 29日

気づいたら1129(本当だって)

昨日に引き続き、くもり。

今日は「連帯」について、そしてアルチュセールの「イデオロギー」について勉強する。

前者からは、フランスの「連帯」がどのように生まれてきたのか、という思想史を学ぶ。
が、まだ消化不良である。ノートを取って史実を整理しながら読み直す必要がある。

後者からは、イデオロギーと主体の関係を学ぶ。
それにしても、アルチュセールの文章を整理しながら読むのは一苦労である。
そこからわかったのは、イデオロギーにとって主体は必要十分条件であるということである(ノートを取りながら2度読み、ようやくわかった)。キーワードは「呼びかけ」。
ただ、これを言うために「あんなに」いろいろ言う必要があったのかどうかはわからない。

そういえば、某卒論生から連絡がない。
送られてきた論文に赤入れをしてメールで送り返したのであるが、応答がない。

だ、大丈夫か。

もしかしたら、「あのー、ちょっと言いにく(1129)いんですけど、このままだとまずいですよ、それもかなり」という雰囲気を言外にふんだんに忍ばせておいたのであるが、それに気づいたのかもしれない。

そして、自分が結構窮地に立たされているということを自覚して焦り出したのかもしれない。


論文は早めに見てもらおうね。

自戒を込めて。
[PR]

by no828 | 2007-11-29 20:48 | 日日 | Comments(2)
2007年 11月 28日

<わたし>と<あなた>の<あいだ>の何か

朝から某先生から頼まれた英訳の仕事をする。
日本語の人名を英語表記するのが面倒であることに改めて気づく。

日本語では漢字で表記されていれば問題ないが、英語ではそれが何と読まれのかが問題となるからである。

この名前は何と読むのだ、この読み方はどっちだ。

それが明らかにならなければ、英語では表記できない。

このことから、漢字の世界はある意味で無音の世界であり、英語の世界は逆に有音の世界であると言えるのかもしれない。

無音から有音への変換はなかなかに困難である。


今日はそれから某卒論生の卒業論文の指導をしたのであった。
「論文」とはそもそもこれこれこういうもので、だからこういうことを書かねばならないのだよ、など、「わたしも偉くなったものだな」と思いながら。

そういえば、今日はくもり。

空に横たわる雲の向こうには、いつもと変わらぬ太陽があるはずである。
明るさが足りないと感じるのは、太陽の光が弱くなっているからではない。
この空気の暗さは、太陽のまなざしを、そして太陽へのまなざしを雲が遮断しているからである。

<わたし>から<あなた>が見えなくなったのは、<あなた>がいなくなったからではないかもしれない。
<わたし>と<あなた>の<あいだ>に何かが介在するようになったからかもしれない。

逆に<わたし>から<あなた>が見えるようになったのは、その<あいだ>に何かが介在するようになったからかもしれない。

こうして書き残す営みは、後者の意味での「何か」でありたい。

と、思った。
[PR]

by no828 | 2007-11-28 20:16 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 27日

絶対唯一の解のない世界を生きるしかない、のかもしれない ― 11月12日から26日までの読書

33 三島由紀夫『潮騒』(新潮文庫)、新潮社、1955年。

 三島の文章は美しい。「美しい」よりも「官能的」と形容した方がよいかもしれない。

「それまで貧しいながらに安穏なみちたりた生活を送っていた若者は、その日から不安に苛まれ、物思いに沈むようになった。自分に初江の心を惹くに足るものが何一つありそうもないことが気にかかった。麻疹のほかに未だかつて病気を知らないその健康も、歌島を五周することさえできる泳ぎの技倆も、誰にも負けない自信のある腕の力も、初江の心を惹きそうには思われなかった」(p. 34)。


34 宇江佐真理『泣きの銀次』(講談社文庫)、講談社、2000年。

 時代小説を読むと暖かな気持ちになるのはなぜであろうかと考えた。幼い頃にテレビで放送されていた時代劇を祖父母とともに観ていたからかもしれない、と思った。暴れてばかりの江戸幕府第8代将軍であったり(今なら内閣総理大臣か)、桜吹雪の刺青をかなり広範囲にわたって入れた南町奉行であったり(今なら東京都知事か)。
 
 銀次は岡っ引きなのに死人を前にすると泣いてしまう。同心の勘兵衛がそれについて次のように言う。「銀次がなぜ泣くのか・・・え?死人が怖いからではないのだぞ。あいつは命がいたましいのよ・・・だから泣ける。よいではないか、泣きが入るくらい何んだ、そう思わぬか?」(p. 36)。


35 ファインマン、R. P. (大貫昌子訳)『ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)』(岩波現代文庫)、岩波書店、2000年。

 研究者志望の人は読んでおいてよい。ちなみにファインマンは、マンハッタン計画に携わった物理学者。

「『何をふさいでいるんだい?』と僕がきくと、ボブは、
『僕らはとんでもないものを造っちまったんだ』と言った。
『だが君が始めたことだぜ。僕たちを引っぱりこんだのも君じゃないか。』
 そのとき、僕をはじめみんなの心は、自分達が良い目的をもってこの仕事を始め、力を合わせて無我夢中で働いてきた、そしてそれがついに完成したのだ、という喜びでいっぱいだった。そしてその瞬間、考えることを忘れていたのだ。つまり考えるという機能がまったく停止してしまったのだ。ただ一人、ボブ・ウィルソンだけがこの瞬間にも、まだ考えることをやめなかったのである」(p. 233、傍点は省略した)。

 「考える」「考え続ける」ということは、「何事も信じきらない」と同義なのかもしれない。


36 内田樹『私の身体は頭がいい』(文春文庫)、文藝春秋、2007年。

 たくさん赤線を引いた。そのなかからいくつか。

「人間は自由なのか、それとも宿命の糸に導かれているのか?
 それについて甲野〔善紀〕先生が最終的にたどりついた答えは、『人間は自由であるときにこそ、その宿命を知る』ということであった。・・・
 何のために自分はこの世界に生まれ来て、限られた時間を過ごすことになったのか。それを知りたいと私たちはみな思う。
 多くの人は、そのような問いにとらえられると、レディメイドの世間知や哲学や宗教に答えを求めようとする。たしかにそこへ行けば答えはすぐに手に入る。でも、それは『万人向けの答え』でしかない」(p. 38、〔〕内は引用者)。だから・・・。

「ただし、『荷物を放り出さない』人、『自分の重荷』にしがみついている人の荷物は私だって担げない。
 当たり前だけど」(p. 187)。たしかにそうだ、って思ったら、何だかちょっと軽くなった。

「『いかなる主義も立てない』ということがレヴィナス老師の示した『他者への回路』である。
・・・
 すべてその場の気分で決める。
 そして、『すべてその場の気分で決める』という決め方が教条化することも嫌いなので、『その場の気分で決める』というスタイルをとるかとらないかも『その場の気分』で決めるのである。
 というような生き方をすべからく人々は規範とすべきである、というようなことは、だから言うはずもないのであるが、ときどき平気で言うこともある」(pp. 206-207)。

 いかなる主義も立てないというのは、結構「あり」なのではないかと思う今日この頃。Aという主義に立ったら、Aに対する反論が予想できてしまう。ベストな主義はなくて、ベターな主義があるだけ。ならば「この場合であればこの主義がベター」という立て方しかないのではないか、と思ったりするのである。

 そういえば、出来合いの思想に寄りかかるなって、茨木のり子も言っていた。
 
 でも、研究者として「わたしはいかなる主義も立てません。ただ、時と場合によっては立てるかもしれません」で通じるかどうか。大事なのは「通じるかどうか」ではないとは思いつつも。
[PR]

by no828 | 2007-11-27 22:56 | 人+本=体 | Comments(0)
2007年 11月 27日

何が正しいのかが明らかなときでもなお政治なのか

24日(土)に「カルラのリスト」を観た、と先日書いた。

この映画は、旧ユーゴスラヴィア国際刑事法廷(International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia: 以下、ICTY)の国連検察官カルラ・デル・ポンテ(Carla del Ponte)の仕事を追ったドキュメンタリーである。

ICTYは、旧ユーゴ領内で行なわれた紛争の犯罪責任者を起訴し、法の下で裁くことを目的として、国連安全保障理事会によって1993年にオランダのハーグに設立された。

「カルラ」において焦点化されているのは、旧ユーゴ紛争のなかでも「スレブニツァの虐殺」と呼ばれる1995年7月11日に起きた虐殺事件である。

「スレブニツァの虐殺」とは、次のような事件である。

ムラジッチ率いるセルビア人勢力が、モスレム人が多く住むスレブニツァを包囲し、モスレム人を女性・幼児と男性とに分別した。
一方で女性・幼児を街からバスに乗せて強制退去させ、他方、約7,800人の男性を市内各地で虐殺して埋めた。街からは、少なくとも40の集団埋葬地が発見されているという。

この「スレブニツァの虐殺」を含む旧ユーゴ紛争の犯罪責任者を裁くのがICTYであり、訴追するのがカルラである。

しかし、ICTYには警察力がないため、犯罪者の拘束は各国家の協力に委ねられる。

ICTYは、これまで旧ユーゴの大統領であったミロシェビッチを起訴し、身柄を拘束するなどしている(ただし、ミロシェビッチは2006年に獄中死している)。

しかし、現在でも、戦犯として「カルラのリスト」に載っているムラジッチやカラジッチの身柄は拘束されていない。

その事実には、国際政治の現実が色濃く反映されている。

正義とは何か、それが明らかであるにもかかわらず、結局は政治によって決まる現実・・・ここに見出されるのは希望か、絶望か。

カルラが見出したのは、わずかな、しかし強烈な希望であった。

「大量虐殺、人道に対する罪はローカルな問題としてのみ扱われるべきではない。そうした罪は一国家の法体系を超え、国際正義の名の下に起訴されるべきである。そして、この国際法を超越することが不可能であることを、本法廷は証明する」(カルラ・デル・ポンテ)。

* 文中のデータは「カルラのリスト」パンフレットに依拠した。
[PR]

by no828 | 2007-11-27 22:53 | 映画 | Comments(0)
2007年 11月 26日

土曜日と日曜日、そして少しだけ月曜日

24日の土曜日は午後から上京。午前中のうちに洗濯、珈琲など。

目的は、映画「カルラのリスト」@東京都写真美術館 in 恵比寿を観るため。
「カルラのリスト」については別途書きたいと思う。

写美では、「写真新世紀東京展2007」が開催されていたので(そして無料であったので)、映画のチケットを買ってから1時間弱写真を鑑賞する。

わたしは写真それ自体よりも、題目および製作意図が実際の写真とどのような関係性にあるかに興味があるようだ。
「なるほど、この写真にこの題目を付けたか」とか、「こういう意図があったからこの写真を撮ったのか」とか。

これはたとえば、この現象をどのように名付けるか、自らの問題意識をどのように論文に埋め込むか、など研究という営みにも関連することである。

あるいはそうであったから、「写真」によって切り取られた現実をどう名付けるか、どういった意図でシャッターを押したのかに関心が寄せられたのかもしれない。

きっとそうだ。

映画のあとは銀座の伊東屋に行く予定であったが、時間の都合で行き先を池袋に変更する。

ジュンク堂へ。

「カルラのリスト」で「政治的駆け引き」を見せられたせいか、本にあまり引き込まれない。

それでも、本屋に来て本を買わないとは何事か、と思い、1冊購入。
読まねばならないと思っていた本であったから、いい機会ではあった。


日曜は14時から某研究会で某大学へ。
「教師の学力観」について、そして「移行期の正義」について。

関西/中部地方(どっち?)にある某大学に奉職されたF川さんがゼミ生を連れて来られる(ゼミ生は当然F川さんのことを「F川先生」と呼ぶわけであるが、わたしなどにはそれが新鮮な響きであった)。
また、東京の某大学院でJ. S. ミルの研究をされている某氏も来られる(某氏は功利主義者なのか)。

いつもより(知的にも)にぎやか。

先生:「はしもとくん、この本読んだ?えっと『貧困と・・・』」
わたし:「田中・・・の本ですか?」
先生:「そうそう、読んだ?」
わたし:「・・・いえ、まだです」
先生:「面白かったよ。関係してくると思うから読んでみなさい」
わたし:「はい、読みます」

研究会後、某書店に行って早速購入する。

先生は、お会いすると必ず研究上の刺激を与えてくださる。

研究せねば。


月曜日。晴れ。

大学に来て、某先生のところへ。
某卒論生の卒論についての打ち合わせ。わたしが見ることになったのである(提出まで1ヶ月を切ったところで、某先生は匙を投げたらしい。それでも先生か、と少し非難めく)。

そこに偶然別の某卒論生も相談に来て、その子の卒論も見ることになってしまう。

W, Why?

でも、論文指導も面白そうだ。
[PR]

by no828 | 2007-11-26 12:48 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 23日

Love actually is all around, right?

晴れ。

3連休の始まりの金曜日。

が、研究のセミ・プロフェッショナルにカレンダー上の休みは関係ない(ちょっと悲しい)。

風邪薬を持って朝から研究室に行く。

そこで読んだ新聞に次のような記事があった。

Bangladesh storm warning system comes under fire.

"Bangladesh adopts a 10-point storm severity signal system, with one being raised for a small storm and 10 saved for all but the most severe....Bangladesh officials raised the signal from four to nine in a matter of hours...."That confused men on merchant ships in the Bay of Bengal," he said. Had they raised the signal gradually...it woud have been easier for sailors to make preparations." (The Japan Times Weekly, November 24, 2007)

* under fire: 非難にさらされて

新聞のあとは「ケア」と「自由」について、それぞれ勉強する。
両者は別のテーマではあるが、「市場化」のあたりで議論が重なっていた。

ところで最近「ラヴ・アクチュアリー」を繰り返し観ている。

映画のメッセージは、冒頭にもある次の言葉に表現されているであろう。

Love actually is all around.

そう信じたい。

しかし、サイクロンの報道や市場原理の浸透などに鑑みるならば、現実にはそうなっていないのかもしれない、と思わざるをえない。

制度・政策にしても思想にしても、その根底になくてはならないものがなくなってきているように思われる。

どうするか。

わたしにもできること・してよいことがあるはずだ。
[PR]

by no828 | 2007-11-23 19:52 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 22日

タイトルがまとまらない木曜日

よく晴れた、とても寒い朝。空気の透明度が日に日に上がっている気がする。

朝から研究室に行く。
が、隣室がうるさかったり研究室の電話がなったりで騒々しい。落ち着かない。

静寂を求めて図書館に。17時までヌスバウムの論文とケア。

途中、某中華料理屋で昼食。メニューもよく見ずに日替わりランチを頼む。レバニラ炒め(たぶん)が出てくる。栄養を摂取せよということか。食後に薬を飲む。

そのあと書籍部で本を3冊注文し、ATMにて某学会の入会金その他を支払う。

17時から19時までゼミ。司会をする。質問とコメントをいくつか。

ゼミから戻ったら携帯電話に留守電のメッセージ。書籍部から。注文した本のうち1冊が出版社で在庫切れとのこと。げ。
その本を図書館で調べたら所在が体芸図書館で、しかも現在「教員特別貸出中」。げげ。
古本を探すか。


ちなみに風邪は、その主犯格が喉から鼻に所在を移した模様。むずむずする。
[PR]

by no828 | 2007-11-22 23:47 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 21日

ウイルスよ、わたしが一体何をした

風邪をひいた。

昨日の朝起きたら喉が痛かった。

風邪か。風邪なのか。

風邪をひくような隙を見せたつもりはないのだが、と思いつつ、早めに対処しておこうと風邪薬を飲む。

今朝起きたら、喉がもっと痛くなっていた。そういえば鼻の調子もおかしい。

な、なぜ・・・薬を飲んだのに悪化したのか。そういうことなのか。
今朝はすっかり回復している予定であったが、そうは問屋が卸さないらしい(卸してほしい)。

そういうわけで今日は喉の痛みを抱えながら大学に行くことに。
午前中はケアリングの勉強、午後からは専攻の某説明会と懇談会、某氏の博士論文予備審査会、さらには読書会。

風邪のせいか、思考も渋滞中。流れがよろしくない。

早く治そう。
[PR]

by no828 | 2007-11-21 23:32 | 日日 | Comments(0)
2007年 11月 20日

あなたではないわたしからあなたへ

バングラデシュを襲ったサイクロン Sidr (シドル)の被害が明らかになりつつある。

BBCその他の報道をまとめると、おおよそ次のようである。

19日のバングラデシュ政府当局の発表によれば、死者は3,113人にのぼる。
だが、同国の赤新月社(Red Crescent Society)によれば、死者数は5,000人から10,000人になるであろうとされる。世界食糧計画(World Food Programme: WFP)も被害はそのぐらいになるであろうという。
また、国連によれば、およそ100万人が家を失い、その大部分には援助物資が届けられていない。

しかし、わたしはそこにはいない。

わたしは今・ここにいる。
わたしの今・ここは、バングラデシュの状況とはまったく関係ないかのように存在する。
大学に行き、論文を読み、ものを食べ、夜になれば眠くなる。

「距離」とは、かくのごときものなのか。

 ◆ ◆ ◆

今ダッカにいる山口絵理子氏のブログには、今回のサイクロン被害について以下のように書かれている。

「・・・最も印象的だったのは一部の人々が政府が出す警戒アラームを信じていなかったということだ」
( http://www.mother-house.jp/ceo/ 最終閲覧日:11月20日)。

どうやら政府は、サイクロンが襲ってくるという警報を発し、住民にシェルターへの避難を呼びかけていたようなのである。

しかし、住民はそれを信じなかった。

政府が信頼されていない。

勿論、一般論として、政府を全面的に信じるのが常に望ましいこととも思われない。

だが、今回の件に鑑みれば、それが常に正しい規範的説明であるようにも思われない。


では、彼の地に生きる人びとにとって「政府」とは何なのか。あるいは「国家」とは何なのか。

「国民国家」がまさにインターナショナルな基準・規準となっているが、しかしそれはそう遠くない昔に地球の一部で人工的に作られたものである。

近代国民国家が統治その他の規範的な単位でなければならないというア・プリオリな理由は、実はない。

ただ、現実にすでに国民国家を前提とした国際連合ができるなど、「国民国家」が事実上の範域となって通用している。

したがって、国民国家ではない在り方の模索は現実的ではないかもしれない。

しかし、バングラデシュのことを踏まえるならば、彼の地に「国民国家」という統治の在り様を事後的に当てはめ、それに従ってゆく・従わせてゆくことには無理があるのではないか、とも思うのである。
いささか相対主義的ではあるが、彼の地には彼の地の統治の在り方があるのではないかということである。

いや、問題なのは汚職と腐敗にまみれたバングラデシュの政治家と官僚であって、「国民国家」という制度ではない、と見ることもできよう。「国民国家」はバングラデシュに合っている、問題はそれを動かしてゆく政治家と官僚の資質と能力だ、ということである。


わたしはここでどのような見方が適切なのかを論証したいのではない。
いくつかの見方があるということを示したいにすぎない。


完全に割り切れたわけではない。完全に割り切れるわけがない。
それでも思う。思考こそが、今・ここでわたしにできることなのだ。

誰のために?

まずは自分のために。そこからしか出発できないのではないか。

そんなことを2日間考えていた。
[PR]

by no828 | 2007-11-20 15:46 | 思索 | Comments(0)