思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 15日

猫が鼠より強ェな解る。だけどもよ、猫が鼠より偉ェってこたあねェぞ——京極夏彦『前巷説百物語』

 京極夏彦『前巷説百物語』角川書店(角川文庫)、2009年。24(1091)


c0131823_21283415.jpg

 二進も三進も行かなくなるとはこういう状況のことを言う。又市の若かりし頃。又市の思想形成の原点。

「前巷説」は「さきのこうせつ」。


108)「人の真実は、その人の中にしかないのです。外の巷は夢。この世は全て、幻のようなものです。ならば——お葉さんはこれからもずっと、その己の中の現をこそ生き続けるべき——なのではありませんか」
「所詮この世は夢幻——かい」
「はい。私どもは、その巷の夢——巷説を作ることで、ほんの少しだけお葉さんが生き易くなるよう、手助けをしただけです

120)「いいかな、又市殿。精神を尊ぶなら戦わぬことだ。剣は人の道と申すなら、刃物を交わし命のやり取りをする必要など毛程もなかろう。刃を翳すということは、相手を傷付ける、殺すということだ。違うかな」

122)「退路を確保しておくことは兵法の基本だぞ。三十六計逃げるに如かずというのはな、腰抜けの兵法ではない。戦いを回避することが一番賢い策であることは、火を見るよりも明らかだろう。将棋はな、一手も指しておらぬ時の布陣が一番強いのだ。指せば指す程弱くなる〔略〕敵味方なんて言葉は、莫迦な侍の言葉だぞ。苦呶いようだが戦いは莫迦のやることだ。敵と戦う、己と戦う、世間と戦う、どれもこれも詭弁だ。いいかな、勝負なんてものはな、モノゴトを莫迦みたいに単純化しないとつけられぬものであろうが。違うか
 違わない。
 白黒明瞭しているものなど、世の中にはない。

126)「正義というのはな、己の立場を護りたい小物の使う方便に過ぎぬのだぞ

127)又市は依頼人に同情し、的を憎むことで、己の疚しい行いを正当化していたのかもしれぬ。

207)「物を扱うのでも金を扱うのでもない、人を扱う仕事というのはな、決して割り切れないものなのだ。あちらを立てればこちらが立たず、必ずどっかに歪みが出る。人はな、もとより歪んでいるものだからな。ただ暮らしているだけだって、人は悲しいぞ。違うか」

235)「憎むってなあよ、どうなのかなと思ってよ。人ってものはよ、見上げたり見下げたりして生きるもんだろ。でもな、見下げられて肚ァ立てるのは見下げてェ奴だけだろう。人を見下げてェ奴は人から見下げられると肚ァ立てる。逆様に、見上げていてェ奴は見上げられると怖くなるもんだ。抱き寄せようとしていきなり殴られりゃ頭に血も昇るが、殴るを承知で抱き寄せる分にゃどうもねェやな」

242)「ただ、心疚しき者心穏やかならぬ者が、己の気持ちを目に映してな、生前の形を見るだけじゃ

263)「世の藪医者は、知が足りぬか技が足りぬか、いずれ何かが足りぬのですよ。知らぬ病は治せない。それでも治せると——嘘を言うのが、藪ですね

337)「あれ、稲妻と謂うでしょう。あれは、稲の花が咲く時期に雷が多いからなんだな

339)「ただね、又市さん。在って欲しいもの、在るべきだと考えられるもの——というのはね、これ、ないのに在るんですな」 ※傍点省略

359)「だから——神仏は要るのです」
「何だと」
「いいですか。人が人を裁く、人が己の物差しで他人を測る——これ、必ず不平が出ます。人の心は人には量れません。それぞれ基準が違う。だから、人は法だの掟だのを作る。作るけれども、所詮は人が作ったものですからね。でもね、それが神の下した裁きなら、どんなに不公平でも納得せざるを得ないでしょう」 ※傍点省略

393)「八方塞がりだろうが何だろうが、手はある筈だろうぜ。あちら立てればこちらが立たず、それでも双方立てるのが——知恵ってものじゃねェのか

399)「何方が何方を責めることも出来まい。人は己の寸法でしか世の中を見られぬし、他人の寸法を当て嵌められると歪んだり曲がったりするものだ。己以外は皆他人なのだからな、人は少なからず歪むよ。その歪みを堪えられる者もいるし、堪え切れず潰れる者もいる。泣き乍ら我慢する者もいれば、弾けて壊れる者もいる」

458)流行りものの如くそれを受け入れ、徒に持て囃すことなど、決してしてはならぬことだろう。
 何しろ人が死んでいるのだ。どんな仕掛けかは別として、死んでいることだけは事実なのである。死ぬと判っていて利用するのは、仮令手を下していなくても人殺しと変わらない。変わらないと志方は思う。
 信じ念じて書こうとも、何も信じずに軽軽しく書こうとも、どうであれ絵馬に名を書くことは御政道に楯突く悪行、人倫に背く凶行なのである。
 だが——実際には一切手を下さないでいいという手軽さこそが庶民を凶行に走らせているのであろうし、手を下していない以上、絵馬に名を書いた者を書いたというだけで罰することが出来ないことも事実である。
 実際に書いた通り人が死んで——。

471)だが。
 ——殺す意思は何処にある。
 手を下した者の心中は、凡そ計り知れぬ。志方には想像することさえ叶わない。奸計謀略があるのだとしても見当が付かない。だから、考えるだけ無駄である。この場合、手を下したという事実だけを認めるしかあるまい。殺人を実行した者は、どうであれ下手人である。
 でも、死んでいるのは絵馬に書かれた者達であり、その者達は実行犯とは——多分——関わりがないのだ。
 ならば。
 殺意は、絵馬に名を書いた者にこそある、ということになるのだろう。
 すると矢張り、名を書いた者こそ罰せられるべき——なのだろうか。絵馬は——絵馬の指示通りに凶行を働いた下手人は、この場合単なる凶器に過ぎないことになるからである。
 ※傍点省略

569)「青臭くなくッちゃあ他人の面倒までは見られませんよ

577)「脅しや暴力だけで人は縛れませんよ。飴を与えなくちゃあ人心は必ず離れる。〔略〕猫は強い。鼠は弱い。しかしね、窮鼠却って猫を噛むと謂う。追い詰められれば鼠だって猫に噛み付く。そういうものです。齧られりゃ猫だってただじゃ済まない。違いますか」


578)「命を捧げる鼠が居るからこそ、野や里の鼠どもは生き永らえることが出来る——山に登って死んだ鼠だけ見ていれば慥かに損なのだけれども、鼠全体としてみれば
得になってるてェのかい
 棠庵は首肯いた。
「そういうことじゃあないでしょうか」
「身を捧げる鼠——かよ」
 喰われるしかないのか。
「そんな——得はねェ」
 又市は言う。〔略〕「猫が鼠より強ェな解る。だけどもよ、猫が鼠より偉ェってこたあねェぞ

579)「鼠だからというだけで猫に礼を尽くさなければならぬ謂れはない、ということです。そんな道理はない。まるでない。鼠どもはそこを忘れている。鼠が猫の王に礼を尽くさねばならぬのなら、猫も鼠の王に礼を尽くすべきなんです。対等と知れば——」
 諾諾と死ぬことはない。
そりゃつまり——嚙めるんだから嚙み返せって意味じゃねェんだな
 はい、と棠庵は再度首肯いた。

615)「ご定法ってのは、守るべきもんですが、護ってくれるもんでもありやしょうぜ。旦那ァ盗っ人でも人殺しでも、ちゃんと捕まえて、裁いてくれるじゃねェですか。貧乏人のくだらねえ訴えにだって耳ィ貸してくれやしょう。下下は文句ばっかり言ってる訳じゃねェんですよ。有り難ェ有り難ェとも思ってるんで。でもね、ありゃ——」
 万三は櫓を指差す。
「あんなことされちまっちゃあ、如何ですよ。奉行所なんかに頼っても無駄だ、お役人は護ってくれねェぞと、あれは、そういう意味なんじゃねェんですかね

623)「人死には出すな。死んで取る得、殺して取れる得はないと、お前さんは先からそう言ってただろ。真理だよ。欠けた命の穴ァ、他のものじゃ埋められないわなあ


@S模原

[PR]

# by no828 | 2018-02-15 21:46 | 人+本=体 | Comments(0)
2018年 02月 14日

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」というのが僕の哲学(みたいなもの)である——村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』

 村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?——紀行文集』文藝春秋、2015年。23(1090)


c0131823_22165957.jpg

 アメリカ、アイスランド、ギリシャ、フィンランド、ラオス、イタリア、そして日本。題名にあるセリフは、村上春樹本人のものではない。

 アメリカ東海岸で勉強したかった、というか、勉強したい気持ちに改めてなった。

 引用文中の「哲学」は「理念」や「箴言」のほうがよい。「哲学」を「理念」や「箴言」の意味で使うのはやめたほうがよい。それは哲学ではない。哲学は、たとえば“旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行かもしれない”とも考えてみることだ。

12)夏には並木がこの遊歩道の路面に、くっきりとした涼しい影を落とす。ボストンの夏は誰がなんと言おうとすばらしい季節だ。ハーヴァードやBU(ボストン大学)の学生たちが必死にレガッタの練習をしている。女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている。アイスクリーム売りがヴァンの屋台を出している。誰かがギターを弾いて歌を歌っている。犬がフリスビーを追いかけている。でもやがてニューイングランド独特の、短く美しい秋がそれにとってかわる。僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しずつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ「コーン、コーン」という堅く乾いた音があたりに響きわたる。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのための食料集めに目の色を変えて走り回っている。

51-2)でもたとえ大きな樹木がなくても、茫漠と広がる溶岩台地がどこまでも苔の緑に包まれ、あちこちに小さな寒冷地の花が可憐に咲いている様は、なかなか美しいものだ。そういう中に一人で立っていると、時折の風の音のほかには、あるいは遠いせせらぎの音のほかには、物音ひとつ聞こえない。そこにはただ深い内省的な静けさがあるだけだ。そういうとき、我々はまるで、遠い古代に連れ戻されてしまったような気持ちになる。この島には無人の沈黙がとてもよく似合っている。アイスランドの人々は、この島には幽霊が満ちていると言う。でももしそうだとしても、彼らはとても無口な幽霊たちなのだろう。

106-7)実を言えば、自分では今でもまだ「若手作家」みたいな気がしているんだけど、もちろんそんなことはない。時間は経過し、当然のことながら僕はそのぶん年齢をかさねた。なんといっても避けがたい経過だ。でも灯台の草の上に座って、まわりの世界の音に耳を澄ませていると、あの当時から僕自身の気持ちはそれほど変化していないみたいにも感じられる。あるいはうまく成長できなかった、というだけのことなのかもしれないけど。

111)次にこの島を訪れるのはいつのことだろう? いや、もう二度とそこを訪れることなんてないかもしれない。当たり前のことだが、どこかに行くついでにふらりと立ち寄るというようなことは、島についてはまず起こりえない。僕らは心を決めてその島を訪れるか、それともまったくその島を訪れないか。どちらかしかない。そこには中間というものはない。

132)「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」というのが僕の哲学(みたいなもの)である。

151)さて、いったい何がラオスにあるというのか? 良い質問だ。たぶん。でもそんなことを訊かれても、僕には答えようがない。だって、その何かを探すために、これからラオスまで行こうとしているわけなのだから。それがそもそも、旅行というものではないか。 ※原文省略

165-6)ルアンプラバンで歩いてのんびり寺院を巡りながら、ひとつ気がついたことがある。それは「普段(日本で暮らしているとき)僕らはあまりきちんとものを見てはいなかったんだな」ということだ。僕らはもちろん毎日いろんなものを見てはいるんだけど、でもそれは見る必要があるから見ているのであって、本当に見たいから見ているのではないことが多い。電車や車に乗って、次々に巡ってくる景色をただ目で追っているのと同じだ。何かひとつのものをじっくりと眺めたりするには、僕らの生活はあまりに忙しすぎる。本当の自前の目でものを見る(観る)というのがどういうことかさえ、僕らにはだんだんわからなくなってくる。
 でもルアンプラバンでは、僕らは自分が見たいものを自分でみつけ、それを自前の目で、時間をかけて眺めなくてはならない(時間だけはたっぷりある)。そして手持ちの想像力をそのたびにこまめに働かせなくてはならない。そこは僕らの出来合の基準やノウハウを適当にあてはめて、流れ作業的に情報処理ができる場所ではないからだ。僕らはいろんなことを先見抜きで観察し、自発的に想像し(ときには妄想し)、前後を量ってマッピングし、取捨選択をしなくてはならない。普段あまりやりつけないことだから、初めのうちはけっこう疲れるかもしれない。でも身体がその場の空気に馴染み、意識が時間の流れに順応していくにつれて、そういう行為がだんだん面白くなってくる。

229)そうそうそれから、この街にいるあいだに、川上哲治氏が人吉市の出身であることをふと思い出した。ずっと昔、『川上哲治物語 背番号16』という映画を見た。人吉の学校の野球部で投手として活躍していた川上少年は、「こんな田舎にいては、せっかくの才能が埋もれてしまうから」と、熊本市内の野球強豪校にスカウトされる。そして故郷の人吉を離れる。川上少年もきっとバットとグラブを大事に抱え、僕が乗ったのと同じ肥薩線のSLに乗り、球磨川の美しい流れを眺めながら、不安と夢を胸に一路熊本に向かったんだろうな。

240)実際の話、害になるどころか、そのトピアリーの居並ぶ光景に惹かれて思わず車を停め、ついでに店に寄ってトウモロコシを買って食べてしまう観光客が数多くいるわけだし(僕らもまさにその一員だった)、このトピアリーの群れは営業的見地から見て、大いに有益であると断言してかまわないと思う。それを「芸術」と呼ぶことはおそらくむずかしいだろうが、少なくとも「達成」と呼ぶことはできるはずだ。そして我々が住むこの広い世界には、批評の介在を許さない数多くの達成が存在するのだ。僕らはそのような達成、あるいは自己完結を前にしてただ息を呑み、ただ敬服するしかない。


@S模原

[PR]

# by no828 | 2018-02-14 22:42 | 人+本=体 | Comments(0)
2018年 02月 13日

望んだものを手に入れているとうぬぼれるときほど、われわれは望みから遠ざかっていることはない——ゲエテ『親和力』

 ゲエテ『親和力』実吉捷郎訳、岩波書店(岩波文庫)、1956年。22(1089)

 原題は、Die Wahlverwandtschaften、原著刊行は1809年 

c0131823_22245477.jpg

 お互いに好きな人ができて夫婦生活が破綻する物語、とまとめてしまってよいのかためらいも残るが、そういう話だったのか、というのは率直な感想に含まれる。

16-7)「冷静な、分別のある、なぐさめになるようなお手紙をね。」とシャルロッテが云った。
「というと、なんにも書かないのと、同じことになる。」とエドアルトが答えた。
「それでもたいていの場合、」とシャルロッテが応じた。「書かないよりも、いっそのこと、書かないも同然な手紙を書くのが、必要とも親切ともいうわけですのよ。

73)「ぎせいにしなければならないものと、利益になるべきものとの重さを、人間が正当にはかるのは、じつにむずかしいことだ。目的を追うと同時に、手段をかえりみるのは、じつにむずかしいよ。多くの人は手段と目的をとりちがえて、目的を念頭におかずに、手段をたのしんでいる。どんなわざわいでも、現われてきた個所でとりのぞくことになっていて、その本来のみなもとをなす点、その作用のもとをなす点というものは、なおざりにされている。だから相談するということが、じつにむずかしいわけさ。

104)「われわれは、良心というものとも、やはり結婚してはいませんかな。良心からのがれたいと思うことが、よくありますね。それはね、良心のほうが、われわれにとって、夫なり妻なりがうるさいよりも、もっとうるさく感じられるからなのですよ。」

138)憎悪はかたよりやすいものだが、愛情はさらにそうだ。

162)かれはもう一度こじきのほうを見た。「おお、おまえはうらやましいやつだ。」とかれはさけんだ。「おまえはまだ昨日の施物をたべることができるが、おれはもうきのうの幸福をたのしむことはできないのだ。

193-4)「なぜ世間の人が、死んだ者のことは、卒直にほめるのに、生きている者のことは、いつでも用心しながら云うのか、という疑問をわたくし聞いたことがありますの。その答えは、死者からは何をされる心配はないが、生きている者には、まだどこでめぐりあうかわからないから、というのでした。他人を思い出すときの心づかいは、それほど不純なものですのよ。それはたいてい自己中心のたわむれにすぎませんわ——それと反対に、生き残っている人たちの関係を、いつも生きて動くものにしておくのが、神々しい真剣な仕事だとしましたらね。」

220-1)われわれに恩を受けている人に出会うと、恩をかけているということが、すぐこちらの頭にうかんでくる。こちらが恩を受けている人に出会っても、われわれはそれを考えずにいることが、どんなに多いことか。

238)われわれはこの世の中でどんな人をも、その人がよそおっている通りに判断する。しかしどんな人でもじっさい、何かをよそおわずにはいられないものだ。われわれはつまらない人たちを大目に見るよりは、不愉快な人たちをがまんするほうがすきなのだ。

240)礼節の表面的なしるしには、かならずふかい道義的な根拠がある。真の教育とは、このしるしとこの根拠を同時に伝える教育である。


240)望んだものを手に入れているとうぬぼれるときほど、われわれは望みから遠ざかっていることはない。

240)自由でもないのに、自分は自由だと思っている人は、もっとも奴れいになっている人である。

241)おろか者とりこう者は、同様に無害である。ただ半ばかと半りこう、これこそはもっとも危険な人間なのだ。

241)むずかしさというものは、われわれが目的に近づけば近づくほど、つのってくる。

241)たねをまくのは、とりいれをするほどには骨が折れない。

260)「しかし知識階級になると、この使命は非常に複雑なものになります。わたしたちは、さらにせんさいな、さらに微妙な、とくに社交的な関係を、考慮に入れなければなりません。だからわたしたちのほうは、弟子たちを外部へむかって教育する義務があります。その際適度を超えないことが、必要であり、不可欠であり、またおそらく充分のぞましいことでしょうね。なぜといって、子供たちをさらに広い社会のために教育しようと思っているうちに、わたしたちは、そもそも内的な本性が何を要求しているかに注目しないで、ややもすれば、子供たちを無際限にかり立てやすいものですからね。この点にですね、多かれすくなかれ教育者が解くか、または解きそこなうかする問題があるのですよ。」

261)「わたしはいったんこの仕事に身をささげてしまった以上、こういう敬けんな願望を禁ずることができません——つまり、だれか忠実な女の助手とふたりで、いつかは、教え子たちが自身の活動と自立の領域に移ってゆくときに必要とするものを、その人たちの心に純粋なかたちできずき上げることができたら、と願うのです。この意味ではこの人たちの場合、教育は完成したのだ、と自分で云えるようになりたいのですよ。もちろんそれにはくり返しくり返し、もうひとつ別の教育がつながってきます。この教育は、われわれの生活が年を重ねるごとに、といってもいいくらい、われわれ自身の手によってではないとしても、それでも周囲の事情によって誘致されるものなのですよ。」

270)「わたくしたちは自分の力で行動したり、自分の活動や娯楽を勝手にきめたりしていると、思っていますのね。でもむろん、くわしく考えてみれば、それはただ時代の計画や傾向で、わたくしたちは否応なしにそれを実行させられているだけですわ。

283)愛のない生活、愛する者を身近にもたぬ生活は、ひきだしのついた教訓、ひきだしのたくさんある愚劇にすぎない。人は次々にひとつずつ開けてはまたしめてから、急いで次のひきだしにとりかかるのである。いいものや意味ふかいものが出てくるとしても、すべてはおぼつかなくつながり合っているにすぎない。どんな場合でも、はじめからやりなおさなければならないし、いたるところでおしまいにしたくなる。

344)「自分がどんなにいろいろな試練をきりぬけてきたか、そしてその試練も、その後に受けなければならなかったものにくらべると、どんなにくだらないものだったかを、わたくしあの学校へ行って、ふり返って見ようと思いますの。わたくしどんなに明るいきもちで、若い生徒たちのなやみごとをながめたり、子供らしい苦しみを見てほほえんだり、そっと手をかして、いろいろと小さな迷いから救い出してやることでしょう。幸福な人間は、不幸な人間を監督するのに、ふさわしくありませんのよ。人間の天性として、自分のうけとったものが多ければ多いほど、自分からも他人からも、ますます多くを要求するものですわね。ただ立ちなおった不幸な人だけが、たいしてよくないものでも、心からよろこんで味わうのがほんとだという感じを、自分のためにも他人のためにも、だいじに育てることができますわ。


@S模原

[PR]

# by no828 | 2018-02-13 22:43 | 人+本=体 | Comments(0)