思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 10日

プラグマティックな解決をあえて提起しない。プラグマティックな意味で考えると、外に出られないからです。機能よりも論理を大事にする——的場昭弘・佐藤優『復権するマルクス』

 的場昭弘・佐藤優『復権するマルクス——戦争と恐慌の時代に』角川書店(角川新書)、2016年。56(1054)

 単行本は『国家の危機』として2011年にKKベストセラーズ

c0131823_15480557.jpg

 最後の引用文に背中を押された心地がしました。どこかで考えが変わるかもしれませんが、しばらくはこの姿勢で行きます。

 本書で指摘されていた現象にしろ、解説・展開されていた思考様式にしろ、現在との接点を感じます。思考様式については、いまもまだかつてのそれから抜け出せていないところがあるということです。それが問題かどうかはさておき、新たな思考様式を獲得したいと(長らく)思っています。

33)的場 官僚の形態というのは、はっきり言ってメリトクラシーです。努力してコツコツ勉強すれば、どのような者であろうと官僚になれる。この点において、形式的には開かれているわけです。ただ、一度官僚になると簡単にやめないことで、かつての絶対王政下のプロイセンにいた官僚たちと同じように、特権団体を形成していく。ここに閉鎖性と開放性とのズレがあります。

38-9)佐藤 ヘーゲルの発想で重要なのは、僕はやはり「受肉」だと思います。理念が具体的な形を取る。結局は、一時期、ヘーゲル自身もナポレオンを「世界精神」と誤認したわけですよね。必ず何らかの形で人の形を取らないといけない。この問題があるわけですよね。

44-5)的場 プルードンはその後、基本的に経済にあまり興味をもたないで、言わば人間の改善によって社会を変えようということを考えています。その問題設定は、非常に楽観的なのですが、人間というものに対する彼なりの信頼と、人間の陶冶が彼の関心事です。ここがプルードンの積極的に評価すべき側面です。〔略〕プルードンが、人間をどうするかという問題を議論していくのに対して、マルクスは、やはり人間よりも組織というかシステムのほうに関心がある。

46)的場 プルードンは重要な点を衝いている。経済学の議論では、人間を変革できないという点です。

49)的場 独断を変えるためには、他人と議論することが必要である。他人の議論が入ることで、自らが他人の議論とかみ合うように変わるわけです。これが民主化するということです。

66-7)的場 自民党政権が何十年ももってきたというのは、基本的に国民が政治に関心をもたなかったからだと言えます。国民は基本的に経済で忙しく、どんな政治をしようと、経済がうまくいきさえすれば関心をもたなくてもよかった。ところが、経済がうまくいかなくなったとき初めて日本人が政治に関心をもち始めた。つまり、政治が変わらなければ経済が変わらないと思ったわけです。

72)佐藤 民意をどのようにして、代表民主政のもとで担保するかというのは本当に難しい。四二〇人の国会議員を四一九人にしても民意は変わらないというように考えるなら、それを一つ一つ減らしていけば、最後は一人によって民意は代表できるはずです。それこそカール・シュミットのいう大統領の独裁みたいな世界になっていく。

88)佐藤 プライベートというのはそもそもラテン語のプリーバーレから来ていますから、「奪う」ということですね、囲い込んで。
的場 自分がそれぞれもっていて、自分のものを取り合う、お互いのものを取り合うという人間関係。アソシアシオンは逆に自分のものを与え合うという関係です。アソシアシオンという言葉は、むしろマルクスよりは、フランスの社会主義者たちが盛んに使っていた言葉です。
佐藤 それ自体はそもそも「使徒行伝」です。「使徒行伝」のパウロの長い説教の最後のところに、「イエスが我々に教えてくださったように、受けるよりは与えるほうが幸いなのです」と、この考え方ですよね。

176)的場 大学院はいま短大になっているんです。わずか二年でしょう。例えば、経済学部を卒業した人間が法科の大学院に来たりします。これは法科の短大生です。

178)佐藤 壺があるとしましょう。壺というのは、時代が経ったら割れてしまいますしかし、壺の中には光が入っている。割れる壺をいくら守ろうとしても、それはダメです。ところが、重要なのは、その壺が割れた瞬間にスッと光をつかんでしまって、新しい壺に入れることなんです。
 我々が社会主義について扱うということは、そういうことではないかと思います。社会主義という思想の中には人類の英知があるし、肯定的なものがある。それをどのようにして次の壺に入れていくかという作業です。これがまさにアイザック・ルリアなどのカバラの考え方です。

264)的場 労働価値説とはいったい何なのかということです。価値を生み出すものがなぜ労働でなければいけないのかという問題、この問いが出てこなくなります。

280)佐藤 それによって世の中を変えようとする人間が出てくるかもしれない。あるいは、逆に、労働力商品化されているということを、「ああ、そういう理屈なのか、ならば搾取する側に回らない限り、いいことはない」と思い、他者を搾取することに生きがいを感じる人間が出てくるかもしれない。

281)的場 マルクスはあくまで一九世紀の人間なので、いまの私たちが陥っているようなプラグマティックな世界の発想の論理とは違った発想をしています。日本でも少なくとも一九六〇、七〇年までは大学の中に残っていました。この発想は、いったん自分を社会の外に置いて、この社会がどのように機能するかを理論的にしっかりとつかんでいく。いったん現在の社会の論理の外に出るということです。社会の機能が、どのように私たちを不幸に陥れているかを分析していき、では、どんな可能性があるのかを分析する。しかし、そのためにプラグマティックな解決をあえて提起しない。プラグマティックな意味で考えると、外に出られないからです。機能よりも論理を大事にするということです。これが批判という意味です。
 かつての学問はみんなそうであったはずです。提言していないということが、ある意味で一つの大きな提言なんです。奇しくも宇野さんは、言論と政策を分けましたが、このような形式に慣れ親しんだ時代においては、政策という問題はそれ自体問題にならない。

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-06-10 16:03 | 人+本=体 | Comments(0)
2017年 06月 08日

それがね、物語の筋レベルのことではないのですよ。一場面の一つの文章で、単語を一つ加えるか加えないかのレベルでの保身になるのです——有川浩『図書館革命』

 有川浩『図書館革命』メディアワークス、2007年。55(1053)


c0131823_18094882.jpg

 図書館や本について何か気づきが得られるかと思って読みはじめた本シリーズもこれにて完結。

 36ページ「異例の速さで対テロ特措法が採択されたわ」と122ページの「対テロ特措法が採択されたこと」の「採択」は「採決」でしょうか。また、89ページ「関わらず」2カ所は「拘らず」または「かかわらず」。

 この本は原発事故前に刊行されました。最初の引用は、その事故を想起させずにはおかないし、これからこうしたことが起こりうるのではないかという思いを禁じえません。

9) 『本日午前三時ごろ、敦賀三号機、四号機にただいまご覧頂いた戦闘ヘリが低空侵入で突入してきたとのことです。ヘリは三号機に激突、しかしこれはこの事件の始まりに過ぎませんでした』
『三号機、四号機は安全装置の作動によってすぐに停止しました。その後、原電警備隊が警察、自衛隊と連絡を取りながら速やかに戦闘態勢に入り、墜落したヘリから展開した襲撃者と銃撃戦を開始しました』
『しかし、その間に敦賀半島先端部の敦賀二号機が襲撃を受けていたのです』

90) 「本当はここまで書きたい、でもここまで書いたらあの団体やこの団体が目をつけるのではないか。だとしたら逃げ道としてここまでは書かずにその手前で止めておくほうが安全だ。それがね、物語の筋レベルのことではないのですよ。一場面の一つの文章で、単語を一つ加えるか加えないかのレベルでの保身になるのです

90) 「場合によっては悪意よりも善意のほうが恐ろしいことがあります。悪意を持っている人は何かを損なう意志を明確に自覚している。しかし一部の『善意の人々』は自分が何かを損なう可能性を自覚していない

92) 「自分がいつ押しつける側に回るか分からないから恐いんですね、こういうの。あたし思い込み激しいから、いつ自分が押しつける側に回るか分からないので恐いです
「間違えたってかまうか。間違わない人間なんかいない」
 そう口を挟んだのは堂上だった。
間違ったら『次から気をつけます』でいいんだ。何度でも次から気をつけたらいいんだ

242) しかし、手塚慧は卑怯であることを承知のうえで卑怯な手段を使っていた。卑怯だと誹られても彼は顔色一つ変えないだろう。そして顔色一つ変えずに彼は、卑怯な手段を躊躇しない組織を自らの手で作り上げたのだ。
 手塚慧は卑怯だったが、卑怯であることに対してフェアだった。手塚慧が泥を被るとしたら、それは自分で被るのだ。郁や弟と同室の砂川を利用しようとしたことを、彼は手を組んだ今でも言い繕おうとはしない。フェアに卑怯であり続けるその度量は認めざるを得ない。
 彼は最も理解されたかったであろう弟に詰られながら、十年近くもそういう自分を貫いたのだ。理想を叶える前提として卑怯に徹し続けたのだ。
 そしてこの先も彼は弟にそのことを言い訳することはないのだろう。弟に言い訳をしない彼は他の誰にも過去を言い訳しない。柴崎はそこに手塚慧という男の奇妙な潔さを見る。

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-06-08 18:13 | 人+本=体 | Comments(0)
2017年 06月 06日

あなたが彼の作品をまだ読んでいないことは知っています。読まずに、彼の損失を嘆くことができるでしょうか——星野智幸『最後の吐息』

 星野智幸『最後の吐息』河出書房新社(河出文庫)、2005年。54(1052)

 単行本は1998年に同社
 


 その作品を読んだこともない作家が日本で死んだことを真楠〔まくす〕はメキシコで知り、なぜかいてもたってもいられなくなる。表題作のほかに「紅茶時代」。

 2つ目の引用部分から脱文脈的に大学院時代を思い出しました。研究発表のレジュメを読んで、ここに息を吹きかけたらどれだけの字が軽やかに飛び去り、どれほどの字が残るか——いつもそんなことを思いながら研究発表を聞いていました。学会でもそう。積算すればおそらく数百では足りない、千に近い数の研究発表を聞いてきたと思います。そのなかで、その紙にしっかりと根を下ろした言葉は一体どれほどあったでしょうか——自戒の念も込めつつ。

 ポストモダンは多くの人に考えないための口実を与えた、と引用文にはあり、たしかにそうだと感じるところがあります。しかし、学問に限定するならば、むしろ根拠というか足場がなくなったからもう1度きちんと考えなおそうとした、というところもあるように感じます。

 本エントリのタイトルにも掲げた部分は、期せずして昨日のエントリ、星野智幸『最後の吐息』の内容と対をなしているかのようです。

9-10) ハチドリになって、緑と金に光るしなやかな黒い体を隅々までコントロールしながら自在に飛び、何もかもさらけ出したように咲き乱れる赤や黄色のハイビスカスの蜜を吸う。むせるように甘い蜜と香りに、思わずチチチと愉悦の声が漏れる。そうすると、いま味わっているような、自分が架空の人物であるような気分は、跡形もなく消えて、輪郭のくっきりした世界に生きられるだろう。想像上の生き物であるようなこの気分がなくなるのなら、何になってもいい。

14-5)この活字になりたい、その作家の名前を刻む活字になりたい、と思う。それどころか、この作家のペンを持つ手が書きつける名前そのものになりたい。ペン先から流れるインクが名前の形に固まったものになりたい。すると、涙がこみ上げてきて、泣いてしまった。読んだこともない作家の名前であることが、どうして泣くことにつながるのか。しかも、名前の活字にしがみついた途端、その字はどんどん浮き上がって、ついには紙からはがれると、一緒に宙に漂いだす。〔略〕
 真楠の図書館通いが始まる。日本語学科のある大学院の図書館へ行くと、その作家の小説では、誰か日本人留学生の置いていった文庫本が二冊あった。彼は、薄いほうの小説の長い二つの分からできている最初のひと段落を、暗唱できるほどに読み返してから、新聞記事を送ってくれた恋人に手紙を書く。「彼が死んで、ぼくは重力を失い、毎日ゲロを吐いています。」すぐさま返事が届く。「あなたが彼の作品をまだ読んでいないことは知っています。読まずに、彼の損失を嘆くことができるでしょうか。」架空の人物になった気分が、また甦る。

175-6)二〇〇〇年、『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞を受賞した直後、野谷文昭との対談で、星野智幸はつぎのように語っている。
八〇年代のポストモダン的言説が盛んだった時期には、拠りどころなんてなくていいんだという無邪気な明るさが世相を風靡した。それで目を開かれたようなところは僕にもあるし、間違いなく旧時代のくびきを断ち切る力とはなっていました。しかし、現実には拠りどころのない状態を耐えられる人は少ない。ポストモダンの言説は多くの人にとって何も考えないための口実となったし、そもそも八〇年代の明るい気分は何か別のものに支えられていたわけですが、その正体を見極めようとはせずにただ依存していた。九〇年代を通じてこの拠りどころの問題は反動的に処理される一方であり、今改めて直面せざるをえなくなっています」
〔略〕ほんとうの怠慢は、他の誰でもない私たち自身とその風潮との関係にこそ潜んでおり、足場を見失ってだらだらと自分に許し、やがては保身のために他者にも許してしまう甘さの積み重ねに隠されているはずなのだが、星野智幸はその種の言い逃れの仕組みを百も承知のうえで、「拠りどころ」となりうるものを一個人の領分からもっと広い場所に見出しうる可能性があるとすれば、それに賭けてみるべきだと、第一作からもう困難な道に進む覚悟を決めていたのだ。 ※堀江敏幸「解説」 ※傍点省略

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-06-06 17:52 | 人+本=体 | Comments(0)