思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 05日

ぼくはその本文や原典を極端に重視する考えは不健全だとさえ思っている——山形浩生『訳者解説』

 山形浩生『訳者解説——新教養主義宣言リターンズ』バジリコ株式会社、2009年。53(1051)


c0131823_17081544.jpg
 
『新教養主義宣言』も読んでいますが、ここでは紹介していないようです。

 本書には、筆者が各種書籍に寄せた解説が収められています。個々具体的な本の解説の内容はさておき、本をどう使えばよいか、何のために本を読むのか、といった事柄についての著者の考えを引いておきます。著者の主張や洞察を理解することはたしかに大切で、そのためには「(訳者)解説」を読むことが大きな助けとなるでしょう。しかし、その「解説」がつねに正しいとも言えず、やはりまがりなりにも自分で読みとおすことの重要性は消失しないでしょう。“解説には書いてなかったけど、通説でも強調されてないけど、ここにはこんなことが書いてあったのか”という発見も——つねに、ではないけど——あります。

「同じ前提からまったくちがう結論を引き出すような本」にわたしも(もっと)出会いたいです。論理的に興奮させる本というのは決して多くありません。

11)ぼくは本文を形式的に読むより大事なことがあると思っている。それは、著者の主張や洞察をきちんと理解することだ。

12)読者がわからないなりに本文を読んで挫折し、結局著者の主張を中途半端にしか理解できずに終わるのと、山形の解説だけ読んで著者の主張の全貌をまがりなりにも理解するのとどっちがいいか? これは議論のわかれるところだろうけれど、ぼくは後者だと思う。小説でもない限り、読者が本を読むのはそこに書かれた著者の主張や洞察を理解するためだ。ならば山形の端折った解説によってであれ、それがなるべく実現できるほうがいい。

12) 極端なことをいえば、ぼくはその本文や原典を極端に重視する考えは不健全だとさえ思っている。〔略〕歴史的興味以外の理由であえて出発点に戻ることの価値は小さい。

20)人が考えてもいなかったことを考えさせてくれる本、同じ前提からまったくちがう結論を引き出すような本、そして滅多にないけれど、転向を余儀なくさせたような本、そんな本にこそおもしろさがあるし、それを何とかわかってもらおうと解説も長くなるわけだ。

@研究室

[PR]

# by no828 | 2017-06-05 17:23 | 人+本=体 | Comments(0)
2017年 06月 04日

日本は日本から遠ざかるほど日本に近づき、混乱すればするほどきわどく正気をとり戻すだろう——関川夏央『貧民夜想會』

 関川夏央『貧民夜想會』文藝春秋(文春文庫)、1990年。52(1050)

 単行本は1986年に双葉社
 


 旅のエッセイ。わたしをかつて襲った感覚がここにも描かれていました。あのときの鋭敏さがいまもまだあのときのようにあるのか、鈍くなってはいないか、鈍くなっているならそれはなぜなのかと、改めて自問しています。

43-5) きみはオーストラリア人なの?
 とぼくはタイ人が行ってしまってから青年に尋ねた。
「いまはね」
 と彼は答えた。
 いまは?
「そう。五年前からね
 青年ははじめて薄く笑った。
「五年前に移住して、いまはメルボーンに住んでいるよ」
 移民か。
難民さ。カンボジアの
 カット・クーンと名のった青年の言葉は、それから一分間に数語といったペースで吐き出された。
 彼は語った。
 プノンペンの高等中学の教室について。ロンノル政権の崩壊した春について。強制収容地での、悲惨すぎて絶望する自由さえ失った生活について。栄養失調で死んだ祖母とふたりの妹について。自分の墓穴を掘らされたあと、後頭部を棍棒で殴られて死んだ従兄弟と父親について。ついに彼を除いて死に絶えた家族について。一九七八年晩秋のパッタンパン州からタイ国境までの、細い絹糸をつたうような逃亡について。オーストラリアでの苦い暮らしについて。しかし死と飢えのない生活について。そして、いま国境のキャンプで彼の到着を待つ、一族の最後のひとりの少女について。〔中略〕
 煙草を一本くれないか、と長い独白を終えて彼はいった。〔略〕
「裸足で歩いたんだ」と彼はいった。「裸足で国境を越えた。両手を高く掲げながら。撃たれても構わないと思った。銃を持った兵隊がやってきた」
 彼は窓辺に置かれた煙草のパッケージに眼を落とした。
兵隊のうしろからブルージーンズのアメリカ人がやってきた。背の高い青年だった。あとでわかったんだが、国連の査察官だった。彼はおびえきったぼくに笑いかけながら、フランス語でこういったよ。“どうだい、一服するかね”
 そのときアメリカ人がさしだした煙草がいま窓辺にある銘柄だった、と彼はいった。それはアメリカでもっとも大衆的な、強い味の煙草だった。
「だからね」と彼は顔を歪めて小さく笑いながらつづけた。
「いまでもこいつには、なんというか、独特の味がするんだな。忘れられないんだな」〔中略〕
「どんな味かって? そうだねえ……」〔中略〕
「人間の住む世界の味。コーヒーやビールや散歩のある世界の味。ひとことでいうなら……」
 最後の言葉だけはフランス語だった。
希望の味」 ※「北行き国際列車の乗客」

174-5) エンリケにもポルトガル人にも、植民という思想はなかった。あったのは略奪、そうでなければせいぜいビーズ玉と銀とをとりかえる程度の一方的な交易への希求だけだった。この時代のヨーロッパ世界を横断して定着していた考えかたはキリスト教絶対世界観、いささか極端にいうならばキリスト教徒以外にはなにをしてもいいという厄介ではた迷惑な考えかただった。これにイベリア独特の、耕すよりも奪った方が儲かるという発想が加わって彼らを勇敢かつ凶暴な存在につくりあげた。
 当時のイベリアは文盲、欲望、狂心の支配する王国だったといってもいい。アメリカ大陸はその不運きわまる犠牲になった。穏やかな古代的帝国を経営していた原住民はその教養の高さと、皇帝を中心とした整然たる家父長的秩序のゆえにたやすくヨーロッパ人に制服され、あらゆる価値観を一朝にして破壊されつくした。 ※「ポルトガルの敷石の運命について」

190) ここまできたのならいっそ新宿も六本木も完全に解放してしまえばいい。新宿にはアジアの難民を、六本木には東ヨーロッパや南アメリカの亡命者をたくさん呼びこめばいい。そしてわれわれは、彼らのスタイルと文化を豚足をしゃぶるようにして摂取しつくすのだ。日本は日本から遠ざかるほど日本に近づき、混乱すればするほどきわどく正気をとり戻すだろう。われわれはともに煮られてはじめて自分の味に気づく、辛い野菜の根のごとき民族なのである。 ※「安全な魔都、新宿」

194-5) スラバヤのホテルでぼくと友人は食事を終え、新しいビールを口に運びながら話した。
 ベチャ引きはやはり一生ベチャ引きなのかよ、とぼくはいった。
 この国ではそうです、と彼は答えた。
 能力のあるやつでもか、とぼくはいった。
 そうです、と彼はいった。
それから彼はコマーシャルとメッセージのコピーを真似る口調でつづけた。
 能力のないやつでもかつかつ食えるが、あるやつもかつかつしか食えない社会がいいですか。それとも能力のあるやつはいっぱい食え、ないやつはぜんぜん食えない社会がいいですか。
 わからんよ、とぼくは投げやりにいった。
 おれにもわからないですよ、革命なんてさ、と彼も投げやりに応じた。
 どちらにしろ、ここで飲み食いしたふたり分の勘定が、ンジャールの一週間分の稼ぎに匹敵することだけは確かだった。
 いいじゃないか、とぼくはいった。
 いいじゃないですか、と彼は答えた。
 さらにビールを数本卓のうえに並べ、熱帯の夜を飲み干そうと試みたが、苦さが舌のうえに積もるばかりだった。 ※水のなかのジャワ

@F沢

[PR]

# by no828 | 2017-06-04 15:35 | 人+本=体 | Comments(0)
2017年 06月 04日

学園とざる蕎麦

 5月後半の土日は2週連続でT川大学T信教育課程「K育原理」集中講義。1コマ100分、休み時間10分、計15コマ+試験という時間割の組まれ方にはじめのうちは慣れずに戸惑っていましたが、何とか終えることができました。教室は学園入り口すぐのところにある“Pルテノン神殿”のような建物にありました。学園はさらに奥に敷地が広がっていて、規模がとても小さな本務校とは異なる広々としたキャンパスを羨ましくも思いました。

c0131823_10310009.jpg


 対象は約25名。主にK員免許の取得を目指す、いわゆる社会人の方々でした。H育士の資格はお持ちの方、Iンターナショナルスクールなどの現場ですでに経験を積まれている方もいました。わたしより年下の方も多かったですが、なかには人生の先輩も含まれていました。かつて夜間の専門学校で非常勤講師をしていた際の“学生”も資格取得を目指す社会人の方々で、そのときのことを思い出しました。

 ※直下の写真は神殿から最寄駅方面を臨むの図。

c0131823_10310806.jpg

 社会人としての歩みをすでにはじめられているなかでいわば人生を賭して、目的を明瞭に立てられたうえで受講されているその様子はまさに真剣で、本務校の学生たちにも見せてあげたい——というか、見習わせたい——と強く思いました。ときに頷きながら、ときにメモを取りながら講義を受けるという風景が当たり前のように見られました。1コマごとに書いてもらっていたリフレクション・ペーパー——コメント・ペーパーとかリアクション・ペーパーなどと呼ばれるものをわたしはそのように呼びたい、位置づけたいのですが——の書きぶりにも熱が込められていて、休み時間になっても、お昼休みになっても書き続ける方がたくさんいました。それでわたしの休憩時間もなくなってしまい、本来1時間のお昼休みも、朝コンビニで買って控え室に置いておいてぬるくなったざる蕎麦を——蕎麦は冷たいほうがやっぱりおいしいなと思いながら——急いですするという事態になったわけですが、それはそれで味わい深いものでした。nコマ目の冒頭にn−1コマのリフレクション・ペーパーの内容を口頭で紹介するようにしましたが、それもメモを取りながら聴いていて、“本学だとこの時間はだらけるだろうなあ”と思ったりもしました。「K育」について伝えたいことがあるのだ、受講生同士がお互いに学び合うという状況も大切にしたいのだ、というこちらの意図と、「K育」について学び(合い)たいという意図とが、うまく合致していたように感じます。幸せなことです。受講生のみなさんの熱にわたしも励まされ続けた、支えられた4日間でした。

c0131823_10312021.jpg

 夏季にまた別の科目で講義が6日間連続(!)であります。そちらもがんばろうと思っています。まずは今季「K育原理」のレポート・試験の採点・成績評価です。

@F沢

[PR]

# by no828 | 2017-06-04 11:16 | 日日 | Comments(0)