思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 22日

Q おめでとう!

 ここ数日のこと。

 金曜日、18時から21時までオカモト先生の研究室の懇親会。
 まったく別の研究室の催しなのに――だからこそ?――お邪魔する。研究の話など。

 昨年9月頃うんうん唸って書いた書評について、ヒラタ先生からコメントをいただく。「『書評』に対する考え方も複数あり、そのうちのひとつだと思って聞いてほしい」。
 これは心に留め置きたい、と思ったコメントを2つ、ここにも書いておく(⇔以下は、「裏を返すとこうも言えるけれど」と指摘されたこと)。 
・ おっかなびっくり書いたという印象。控えめに書きすぎ。「書評」も自分の論文と同じだから、自分をもっと出して書いてよい。紹介やそのための引用が多かった。もっと自分なりにまとめてよい。
(⇔ 相手の土俵にできるだけ立とうとした、とも解される。)
・ 書評の最後の部分に提起された3つの問題点/問いは、あの本でなくても提起できたのではないか。逆に言えば、あの本だからこそ提起されるべき問いを指摘されたほうが、著者も喜ぶのではないか。
(⇔ 最後の3つの問いは、開かれた問い、公共的な問い、これから考えてゆかねばならない問いである。)

 たいへん勉強になった。


 土曜日、東京にて Q の結婚式・披露宴・2次会。

 5時起き。6時過ぎにアパートを出て駅まで歩き、7時前の快速電車で上京。8時過ぎに新宿駅サザンテラス口の某スタバに着き、披露宴でする余興の打ち合わせ(本当は8時集合なのに遅れてしまった)。余興ネタがまだ完成していないという状況。うう。9時30分過ぎまで粘る。

 タクシーで明治神宮へ移動。

 まずは式。神道に則ったかたち。

 次に披露宴。余興があるために「大学友人」の面々はみな緊張気味。披露宴の早めの時点に余興が組み込まれていると聞いていたのに、ぜんぜんアナウンスがない。かなり後半になってようやく余興。わたしにも発言する出番があったのに噛んでしまって、ごめんなさい。



 c0131823_1711532.jpg
 日本酒が入った樽を割る。





c0131823_17115224.jpg
 ケーキに刃を入れる。





c0131823_17125383.jpg
 テーブルごとの記念撮影。
 新婦の腰に手を回す Q 。やらC 微笑ましい。



 ちなみに、札幌在住まっきー大雪のため式も披露宴も欠席。東京はこんなにも晴れているのに。

 雪男め。


 銀座で2次会。

 それまで時間があったので、一旦解散。わたしはひとり表参道まで歩く。トラベラーズノートのイベント(展示会)の会場に行くも、開催されていない様子。確認すると、日付が「2009年3月19日(木)、20日(金)、21日(土)、22日(日)」とある。

 あ。

 日にちも曜日も同じだから2月だと思ってた!


 すこし落胆して銀座に向かう。

 まだすこし時間があったので某伊東屋に行き、半ば憂さ晴らしにトラベラーズノートのダイアリーを買う。「メルシー券」があったのでそれを使ったらすこし割引になる。


 歌舞伎座の前を通って2次会会場へ。

 Q らしからぬ会場であることに、まずは驚く。

 それにしてもかなり大人数の出席者である。

 大学同期のカツキがスピーチと乾杯。残念ながらスピーチの内容は(会場がざわざわしてて)わたしの耳には残っていない(カツキ!すまない!)。

 まっきー遅れて登場。空港で6時間待ったらしい。あきらめずに来たまっきーに拍手。

 新郎がヘルメットで日本酒を呑む、というパフォーマンス。Q の勤める会社の伝統らしい。Q と会社の同期であった奥さんも一升瓶を逆さにしてどばどばとヘルメットに日本酒を注ぐ。慣れている手付き。

 す、すげえ。

 オーディエンスも参加してヘルメットから呑む。大学同期がまっきーのことを後ろから押して参加させる(※ 僕は押してません)。呑み終わったまっきーが「何で俺なんだよ。お酒だったらお前だろ。お前行けよ」と言っていた。

 あとは大学の同期と歓談。テル・チエ、ミキ、ルミコ、コバトモ、カズ、チヒロ、アオちゃん、ミサ、ピヨ、などなど。

 トルシエ(※ 日本国籍)が「あれ、左手の薬指どうしたの?」とミ○コに突っ込んだり、ここで紹介したよしあきの出会いについて詳しく聞かせてとせがまれて説明したり。
 


c0131823_17262510.jpg
 奥が Q 夫妻



 
 2次会のあと、大学の同期で3次会。Q もよろよろしながら「僕も行ぐ!行ぐから場所メールして」「メールした?僕も行ぐからね。メールして」とかなり酔っ払いモード、新たな一面を見せる。
 

 3次会を中座してわたしはひとり帰ってきた。

 結婚式のたびに「みんな温かい家庭に育ったんだなあ、みんな温かい家庭に育った人を奥さんにしてるんだなあ」と思う。昨日はそれを共有したいと思って、DPやまっきーに何度も話したかもしれない。


 Q おめでとう!


@研究室(午後から補講があった。なくても来るつもりではあったけれど)
[PR]

by no828 | 2009-02-22 17:43 | 友人


<< 大腿部の乳酸 元長距離走者のア...      惑わずに生きるためには惑う必要... >>