思索の森と空の群青

onmymind.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 22日 ( 1 )


2018年 02月 22日

他人が何を信じようと信じまいと、相手がまっとうな人格であるかぎり誰に対しても悪意を抱かないというのが僕の信条である——サローヤン『僕の名はアラム』

 ウィリアム・サローヤン『僕の名はアラム』柴田元幸訳、新潮社(新潮文庫)、2016年。31(1098)

 原著は1940年

c0131823_21402759.jpg

 ユーモアの溢れた短篇集。著者はアルメニア系アメリカ人。学類のときにアルメニアからの留学生のチューターをしていたから、というのも本書を手に取った理由のひとつ。

70)僕たちはしばらく果樹園を歩き回ってから、車に戻っていった。僕たちは車に乗り込み、町に帰った。僕たちは何も言わなかった。言うべきことはものすごくたくさんあって、それを言える言語なんてありはしなかったのだ。 ※「ザクロの木」

122)その晩、爺さまはディクランを呼び寄せ、お前の演説を聴いたぞ、と言った。あれはあれでいい。お前は何百万人もが死んだ戦争の話をしたようだな。戦争が無駄に戦われたのでないことをお前は証明したようだな。わしとしても悪い気はせん。そういう壮大な、美しい発言は、十一歳の子供の口からのみ出てくるに値する。自分が言っていることを本気で信じている者の口からのみ出てくるに値するのだ。大人が言ったら、その言葉の恐ろしさがさすがに耐えがたくなってしまう。本から世界を探求する営みを続けるがいい、お前が努力を怠らず目も持ちこたえるなら、六十七歳になるころにはきっと、その言葉の恐ろしい愚かさがわかるはずだ——今夜お前自身によってこの上なく無邪気に、かくも純粋なソプラノの流れに乗って口にされた言葉の愚かしさが。 ※「僕のいとこ、雄弁家ディクラン」 ※傍点省略

146)いまでは大半のアメリカ人同様、自分の宗教を含めてすべての宗教を信じ、他人が何を信じようと信じまいと、相手がまっとうな人格であるかぎり誰に対しても悪意を抱かないというのが僕の信条である。 ※「長老派教会聖歌隊の歌い手たち」

226)人はいつも、言葉なしで喋ってるのよ。
 じゃあ言葉なんて何になるの?
 たいていは大して役に立たないのよ。たいていはほんとに言いたいことを隠すか、知らせたくないことを隠すかしかできないのよ。
 ※「哀れな、燃えるアラブ人」


@S模原

[PR]

by no828 | 2018-02-22 21:53 | 人+本=体